ピカソとアネモネ


ベスべには色とりどりのアネモネが並び、少し早いですが春を感じてます!


アネモネといえば、パブロ・ピカソの代表作『ゲルニカ』に登場する

お花ですが、ひとつひとつを注目して見たことはあるでしょうか。



この作品は、複数の視点からみた画像を一つの画面に表現する、

いわゆるキュビズムの手法で描かれています。



画面下の中央、切断された兵士の右手には折れた剣が握られ、

一輪の花が咲いています。一説によると、この花はアドニス(※)の

流した血から生えたアネモネではないかといわれています。

アネモネは「再生」あるいは「復活」の象徴でもあるようです。


(※ギリシャ神話に登場する人物)



さまざまなアート作品の中に描かれる花や、

花のモチーフに注目して、どんな意味が込められているのか調べてみると

さらに作品を深く掘り下げることができておもしろいですね!


ベスべでは、色とりどりのアネモネが並んでいます。

ピカソが描いたアネモネはどんなお花なのか、是非見に来てくださいね。